[エクスプレッション]テキスト情報を読み出す方法_CC2020 AfterEffects

テキストのプロパティがCC2020でかなり追加されました。その一覧をまとめておきたいと思います。多いので随時追加していきます。笑

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText

単純にソーステキストを紐づける従来の方法だと文字の情報だけがリンク先に反映されていました。これは今までも使ってきた方法です。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.font

style.fontではフォントの種類を取得することができます。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.fontSize

style.fontSizeを使用するとフォントのサイズ情報だけを取得します。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.isFauxBold

style.isFauxBoldを使えば、そのテキストの文字パレットでボールドがオンになっているかなっていないかを判断できます。

thisComp.layer(“Motion 5”).text.sourceText.style.isFauxItalic

style.isFauxBoldを使えば、そのテキストの文字パレットでイタリックがオンになっているかなっていないかを判断できます。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.applyFill

applyFillは、そのテキストの文字の塗りがオンになっているかなっていないかを判断できます。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.fillColor

fillColorは、そのテキストの文字の色情報を取得します。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.applyStroke

applyStrokeは、そのテキストのアウトライン(ストローク)がオンになっているかなっていないかを判断できます。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.strokeColor

style.strokeColorは、テキストのアウトライン(ストローク)の色情報を取得する事ができます。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.strokeWidth

style.strokeWidthはテキストのストローク(線幅)の情報を取得できます。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.tracking

style.trackingはテキストのトラッキングの数値を取得できます。

thisComp.layer(“レイヤー名”).text.sourceText.style.leading

style.leadingはテキストの行送りの数値を取得できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る