[インフォグラフィックス]3Dの棒グラフを作る

今回は棒グラフを3D化してみたいと思います。

こんな感じで立体的に伸びてくるやつですね。考え方はこんな感じです

  • 伸びる部分と頂点は別で考える
  • CINEMA 4Dレンダラー
  • エクスプレッション

こんな感じです。では早速行ってみましょう

明るさでレイヤーを分ける

今回はライトは使いません。簡単にフラットにしたかったからです。そのため上の部分と伸びる動体はレイヤーを分けています。上の部分は若干明るめにしています。

3Dと押し出し

今回は押出しを使いたいのでCINEMA 4Dレンダラーを使いました。レイトレース3Dもう懐かしさがある。。。補足としてはCINEMA 4Dレンダラーに切り替えるとシェイプを押し出すことができます。

伸びる部分と上の蓋のレイヤーの同期

伸びる部分はエクスプレッションで組んでいます。

  • 参照先 = 押し出されるレイヤーの押し出す深さ
  • 参照元 = 蓋のレイヤーのZ位置

エクスプレッションとしてはこんな感じ

z = thisComp.layer("A").geometryOption.extrusionDepth;
[0,0,z+1] + value

“A”は押し出されるレイヤーの事です。こうやってつなげると押し出しと蓋の奥行きの位置が連動します。

注意点

  • 蓋の位置と押し出しの入れイヤーの位置が重なってしまう事を防ぐためにZ位置をずらすために z + 1にしています

カメラで位置調整

押し出しで下側に押し出されるので、カメラレイヤーを追加して蓋の部分が上になるように調整して完成です

結構動きも重くないので是非使ってみてください。

エクスプレッションを使って快適なAe生活を^^

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る