[After Effects]リキッドトランジションを作ってみる

  • 2020-6-15
  • [After Effects]リキッドトランジションを作ってみる はコメントを受け付けていません。

今回は簡単に作れるリキッドっぽいトランジションを作ってみたいと思います

かなりシンプルなのでAeがこれからの方も試してみてください。要素としては3つに分けられると思います。

  • トランジションの形
  • 入ってくる動き
  • 消えていく動き

トランジションの形

まずはパスを使ってシェイプを描きます。頂点はエッジが出ない様にハンドルで波状にしておくと良いかなと。

ラフエッジを適用

エフェクトのスタイライズからラフエッジを適用すると

  • 手書き感
  • エッジの丸み

などが良い感じになります(個人的な感想です^^)

入ってくる動き

入ってくるアニメーションはアニメーターのパスのオフセットで作成します。この機能はパスの形のまま大きさを拡大縮小(オフセット)できる機能です。入り出しはシェイプがない状態にしたいのでマイナス方向。最後は全てシェイプで埋まる様にプラス方向の数値でキーフレームを打ちます。

消えていく動き

入ってくるレイヤーを複製して上のレイヤーに配置します。キーフレームはずらしておきます。今度は消えていく動きなので合成モードのシルエットアルファにしてシェイプのアニメーションの形で消えていく様になります。

これが基本の形となります。あとは消えていくパターンを増やしてあげればバリエーションが作れますのでいろいろ試してみてください。

リキッドトランジションを作って快適なAe生活を^^

よく似た記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る