[After Effects エクスプレッション]Wiggle

wiggle

エクスプレッションのwiggleはよく使うエクスプレッションだと思う。動きのイメージでいうとこんな感じ。

  • パーティキュラーのエミッターの場所をとりあえず動かす
  • スケールとか透明度をとりあえず動かす
  • とりあえず動かす

random()に似ていますが連続した数値の移動がwiggleです。実際の記述式としてはこんな感じです。

wiggle(freq, amp, octaves=1, amp_mult=.5, t=time)

これだけ見ると吐きそうになっちゃいますね。なので一つ一つに解説をつけてみます。

  • freq
    • (1 秒あたりの変動の回数)
  • amp
    • (振幅の大きさ)
  • octaves=1
    • (変動の細かさ)
  • amp_mult=.5
    • (各オクターブの amp の倍数)
  • t=time)
    • (基本となる開始時刻)

これでも多いなぁ。。。と思いますがここで朗報です。後半の3つ[octaves=1, amp_mult=.5, t=time]は=で初期の数値が決まっているので基本的に無視しちゃって良いです。どうしても修正したい時だけ打ち込む感じですね。なので実際は2つの数値[freq, amp]を打ち込んでいくことになります。でざっくり考えると動く速さと動く量をコントロールしていく感じです。

  • freq = 動く速さ
  • amp = 動く量

という風に考えていいと思います。

wiggle(freq,amp)

間はピリオドではなくコンマで区切るので注意ですね。

何かと頻度の高いので是非参考になれば幸いです^^エクスプレッションを使って快適なAE生活を^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る