[After Effects エクスプレッション]random

randomはwiggleによく似ていますが連続した数値ではなく特定の数値にジャンプしていくのが特徴です。例えばこんな時に役立ちます

  • テレビの縦線ノイズを不規則に作りたい
  • スケールを20~60の間で不規則に変更したい

などですね。不規則な動きの範囲を設定するといった感じでしょうか?それは細かく見ていきましょう。

入力は基本的にナンバーか配列

こう書くとまたわかんなくなるんで分解します

  • ナンバー = 1次元のこと。数値の事です。例えばrandom(10)とか
  • 配列 = 二次元以上のこと。位置の[960,540]とかスケールの縦横(50,50)とかですね

使い方は大きく分けて2つ

上限値を決めるだけの場合はいたってシンプル

random(90) = 0~90%までの数値でランダムに透明度が変動します

動く範囲指定をする場合は上と下を記入

random(30,90) = 30~90%までの数値でランダムに透明度が変動します

位置など2次元以上ある場合

数値が一つでない位置やスケールは[]で閉じます

上限値だけ設定する場合

random([50,100]) = Xは0~50の間の数値で変動、Yは0~100の間の数値で変動

範囲指定する場合

random([50,100],[70,140]) = Xは50~70の間の数値で変動、Yは100~140の間の数値で変動

この規則性がわかるとrandom()の使いこなしやすくなりますので是非使ってみてください^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る