[After Effects エクスプレッション]linear

linearは指定した時間からAからBに数値を変更することができるエクスプレッションです。例えばこんな感じが考えられます。

  • 開始3秒から5秒までで100~0に透明度をフェードアウトさせる
  • 3秒後にレイヤーを表示させる

などが可能です。では大きく分けて2つあるので早速解説していきましょう。

指定範囲で数値をリニアに変動させる

linear(t, tMin, tMax, value1, value2)

はい嫌になりますね。待ってください。分解します。

  • t = timeのことです。コンポジションの現在の位置の時間。時間軸以外にも数値ベースでコントロールも可能です。
  • tMin = 時間の最小値(開始)
  • tMin = 時間の最大値(終了)
  • value1 = timeがtMinより小さい場合はvalue1の数値になります
  • value2 = timeがtmaxより大きくなるとvalue2の数値になります

この時に現在の時間がtMin〜tMaxの間はリニアに数値が変動します(透明度ならイーズのないフェードです)速度グラフで見るとこんな感じ

仕組みがわかると毎回フェードアウト用にキーフレームを打たなくてもよくなるので覚えておくといいかもです。

特定の数値になったら変動させる(アニメーションなし)

linear(t, value1, value2)

これも分解してみましょう。画像でいうとこんな感じです

  • time>3 = 現在の時間が3秒より小さい場合
  • value1,value2 = 3秒を超えるまではvalue1の数値が適用され3秒を超えるとvalue2が適用される

つまり、コンポジションの時間が3 秒を超えるまでは透明度が0。超えると100になってレイヤーが出現するということになります。速度グラフではこうなってます。

使いこなしてキーフレームを減らして快適なAE生活を^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る