[After Effects]エクスプレッションを視覚的に考察する_AEオフ用に作ったスライド公開

ae off sample

このスライドは6/15に行われた(執筆時点では行われる?)AEオフ 2019でお話するaepファイルの情報です。

AEの機能の中でも苦手意識の出やすいエクスプレッション。自分としては1番の原因は文字列で意識しようとするからなんだろうなと思っています。そこでいくつかのパターンを視覚的にわかりやすいようにしてみました。

00 エクスプレッションを触る

Aには動きがついています。Bも同じ動きをする場合はY位置のエクスプレッションをAに紐づけて下さい。

01 index

これはインデックスを使ってレイヤーの回転とシェイプの頂点の数を自動化しています。シェイプレイヤー1を複製していくと勝手に回転とシェイプの形が変わっていくと思います。

02 wiggle

これはwiggleの数値を動きとして見る為のコンポジションです。再生してみて連続した近似値に動くシェイプをみてみてください。

03 random

ランダムの動きを視覚化しました。連続していないので不規則にジャンプしているのがわかると思います。

04 loopOut

loopOutの4種類の動きを試す事ができます。

05 Math.sin 01

Math.sinの周期の動きを視覚化しているので再生して試してみてください。

06 Math sin 02

Math.sinの応用でXとY位置それぞれにMath.sinのエクスプレッションを変えて入れています。

07 Math.cos

Math.cosとMath.sinの動きの比較用に作りました。再生すると周期の微妙なズレがわかると思います。

08 Math.sin + Math.cos

Math.sinとMath.cosを組み合わせると何ができるかというコンポジションです。ここではX位置とY位置にそれぞれsinとcosを記入して円運動にしています。

09 応用

これはParticularを使って3次元の動きをかけようとしたものです。もしかしたらプラグインない方もいると思うので無視してしまって構わないです。

プロジェクトのダウンロードはこちら

今回の元のaepも公開します。いつ消えるかわかりませんが興味ある方はダウンロードして開いてみてください^^

aepサンプルダウンロード

エクスプレッションを使って快適なAE生活を^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る