[エクスプレッション]バージョンや言語環境が変わってもエラー表示させないために

バージョン違いや日本語/英語環境の違いでエラー出ることは少なく無いですがそれぞれのバージョンでのエフェクト表記が異なる事が原因です。代表的なものにエクスプレッション制御のスライダーがあります。

“スライダー”と”Slider”

このエフェクトはAfterEffectsは言語環境によってエフェクト名が異なります。その為に環境が変わるとエラーになってしまいます。これを手製で修正するのは骨が折れますね。

Match Nameという勇者

そんな問題を解決してくれるのがMatch Nameです。AfterEffectsが認識する共通言語です。これを使えば言語環境が変わってもエラーが出なくなります。

thisComp.layer("ヌル 10").effect("スライダー制御")("スライダー")

上はスライダー制御にレイヤーの透明度をつなげた状態です。

  • スライダー制御
  • スライダー

この2つが問題になります。まずスライダー制御はこのように置き換えます

thisComp.layer("ヌル 10").effect("ADBE Slider Control")("スライダー")

これでスライダー制御が共通化されました。

パラメーター番号という賢者

次は最後の”スライダー”部分です。ここはパラメーター番号を使います。

thisComp.layer("ヌル 10").effect("ADBE Slider Control")(1)

上から順に数えていくので今回は(1)となります。(一部例外ありますが。。)エクスプレッションをつなげる際にOpt(Alt)をクリックしたままつなげてもパラメーター番号になるTipsもあります。

("スライダー制御")("スライダー") = ("ADBE Slider Control")(1)

これで言語に引っ張られてエラーが出る事がなくなります。

他のエクスプレッション制御のMatch Nameエフェクト名

  • 角度制御
    • = ADBE Angle Control
  • チェックボックス制御
    • = ADBE Checkbox Control
  • カラー制御
    • = ADBE Color Control
  • レイヤー制御
    • ADBE Layer Conrol
  • ポイント制御
    • ADBE Point Control

Match Nameを使って快適なAE生活を^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る