[After Effects]SNSっぽい出現の方法をコントロールしてみる

今回はこちらのSNSで定番の文字だしのアニメーションです。それの吹き出しごとの間隔を一括でコントロールする方法など考えてみました。

こんな感じですね。ただのスケールをいじっているだけなんですが後でクライアントさんから「この吹き出しの間隔とかちょっと変えて」「出現のタイミング変えられる?」。。。。ううう。。聞きたくない。そこで「いいっすよ!」と即答できるようにヌルでコントロールしてみました。まずは構造から

コンポジション構造

見えてるのはコンポジションですが単純な吹き出しレイヤーと今回は考えてください。後で差し替えられるようにグループ化しているだけです。重要なのは一番上のヌルとそのほかを制御するエクスプレッションです。

同じ出現になるようにエクスプレッションを組む

まず元となる動きが[talk_01]です位置プロパティで基準の位置を決めます。また、スケールの基準も決めています。その次のレイヤーからはこの[talk01]を基準にしていきます。まず位置にはこのエクスプレッション

x=thisComp.layer(index-1).transform.position[0];

y=thisComp.layer(index-1).transform.position[1];

[x,y+thisComp.layer(“control”).effect(“吹き出しの感覚調整”)(“スライダー”)]

上のは全て位置プロパティに行ごとに打ち込んでます。中身としてはxとyの位置は一つ上のレイヤーから取得。そんでもってyはヌルに適用している制御スライダーに準じて変更。となっています。スケールも同じように

temp=thisComp.layer(“control”).effect(“出現制御”)(“スライダー”);

thisComp.layer(index-1).transform.scale.valueAtTime(time-temp)

スケールの数値は上のレイヤーに準ずるけど、ヌルの制御スライダーの数値で間隔はコントロールするよ!ってしています。

制御はヌルのエフェクトコントロールで

で、ヌルに制御スライダーがあるわけです。直しがあった場合はここから修正すれば言いわけですね。直しが簡単^^

完成

いかがだったでしょうか?ちょっとエクスプレッションは最初敷居が高いですが慣れるとすごく楽になります。是非みなさんも使ってください^^aep置いておきますので確認用に是非^^ではではーSNSフォルダーShared with Dropboxwww.dropbox.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る